3:2の撮像素子から16:9の動画サイズを抜き出す

はじめに

3:2の撮像素子から16:9または17:9の動画を抜き出す場合の計算方法をお知らせします。

有効画素数から3:2の縦横サイズを求める方法

有効画素数から3:2の縦横のサイズ(画素数)を求める場合、以下の式(太字部分)をエクセルに貼付する事で求められます。

縦の画素数  =((有効画素数/6)^0.5)*2

横の画素数  =((有効画素数/6)^0.5)*3

例えば、4571万画素のNikon Z 9の縦横の画素数は、82.8万画素×55.2万画素となります。

3:2から16:9(UHD)を抜き出す場合

3:2の撮像素子から16:9(UHD)の動画を抜き出す場合、下図の比率により16:9の動画の面積(画素数)は3:2の撮像素子の27/32(84%)になります。

例えば、3:2の撮像素子が4571万画素Nikon Z 9の場合、16:9の動画の画素数は以下の式より3857万画素になります。

4571×27÷32=3857

また縦横のサイズ(画素数)は、46.6万画素(=55.2×27÷32)×82.8万画素(元と同じ)になります。

3:2から17:9(DCI)を抜き出す場合

次に3:2の撮像素子から17:9(DCI)の動画を抜き出す場合、下図の比率により17:9の動画の面積(画素数)は3:2の27/34(79%)になります。

例えば、4571万画素のNikon Z 9の場合、17:9の動画サイズは以下の式より3630万画素になります。

4571×27÷34=3630

また縦横のサイズ(画素数)は、43.8万画素(=55.2×27÷34)×82.8万画素(元と同じ)になります。

 

 295 total views,  6 views today

この記事が役だったと思ったら、以下をクリック。