K表示(1K~10K)された動画の画素数

2022/01/31

数年前なら2K(FHD)が200万画素、4Kが800万画素と覚えておけばそれで事足りたのですが、最近では5Kだの6Kだの7Kだの8Kだのとどんどん数値が増えてきて、その解像度(画素数)がどのくらいなのか皆目見当が付かなくなってきました。

7K動画とは何万画素?

それだけならまだしも、更にはDCI(17:9)4KだのUHD(16:9)8Kだのと言われると、もうお手上げです。

DCI6K60PのRAW記録が可能なEOS R3

そんな訳で、K表示とそれに対応する画素数の表を作りましたので、もし宜しければ参考にして頂ければと思います。

換算表

以下がその表になります。

K表示\種類UHD(16:9)
の画素数
3:2で必要な
画素数
DCI(17:9)の画素数3:2で必要な
画素数
参考:0.8K(SD35万画素(720×480)3:235万画素N/AN/A
0.9K(WideSD)41万画素(854×480)49万画素44万画素55万画素
1.0K52万画素(960×540)61万画素55万画素70万画素
1.3K(HD)92万画素(1280×720)138万画素124万画素157万画素
1.5K117万画素(1440×810)138万画素124万画素157万画素
1.7K(HD+)144万画素(1600×900)171万画素154万画素193万画素
参考:地デジ用156万画素(1440×1080)4:3N/AN/AN/A
2.0K(FHD)207万画素(1920×1080)246万画素221万画素279万画素
2.5K324万画素(2400×1350)384万画素346万画素435万画素
2.7K(QHD)369万画素(2560×1440)437万画素393万画素495万画素
3.0K467万画素(2880×1620)553万画素498万画素627万画素
3.5K635万画素(3360×1890)753万画素677万画素853万画素
4.0K(UHD)829万画素(3840×2160)983万画素885万画素1114万画素
4.5K1050万画素(4320×2430)1244万画素1120万画素1410万画素
5.0K1296万画素(4800×2700)1536万画素1382万画素1741万画素
5.3K(UHD+)1475万画素(5120×2880)1748万画素1573万画素1981万画素
5.5K1568万画素(5280×2970)1859万画素1673万画素2106万画素
6.0K1866万画素(5760×3240)2212万画素1991万画素2507万画素
6.5K2190万画素(6240×3510)2596万画素2336万画素2942万画素
7.0K2540万画素(67203×780)3011万画素2710万画素3412万画素
7.5K2916万画素(7200×4050)3456万画素3110万画素3917万画素
8.0K3318万画素(7680×4320)3932万画素3539万画素4456万画素
8.5K3745万画素(8180×4590)4439万画素3995万画素5031万画素
9.0K4199万画素(8640×4860)4977万画素4479万画素5640万画素
9.5K4679万画素(9120×5130)5545万画素4990万画素6284万画素
10.0K5184万画素(9600×5400)6144万画素5530万画素6963万画素

簡単に上表の見方をお伝えしておきますと、例えばUHD8K(16:9)の画素数は3318万画素で、それに必要なフルサイズ(3:2)の撮像素子の画素数は3932万画素という事です。

ちなみに2K1920×1080)、4K3840×2160)と言われるのは、その長辺の画素数から来ています。

またDCI(Digital Cinema Initiatives)はUHD(Ultra High Definition)に対して、縦方向の画素数は同じで、横方向の画素数が17/16倍多くなります。

なお本来数値の桁数を表す単位であるキロは小文字のを使用しますが、ここではあくまでも動画の解像度を示すという事で大文字のが使われています。

このためこれ以外の所で、数値の桁数を表すために大文字のを使ってはいけません。

なぜならば、うっかり他で使うと絶対温度を表すケルビン(K)という別の単位になってしまうからです。

また2K、4K、8K以外の値は、これらを基にした計算値ですので、各社のK表示の画素数と若干の違いがあります。

比較画面

2024/1/23追記

UHD(16:9)におけるK表示の解像度比較画面を追加しました。

K表示解像度比較画面(クリックすると拡大されます)

変換方法

16:9の場合

また画素数からUHD(16:9)のK表示を求める場合は、以下の式をエクセルに貼付すれば求められます。

K表示=(画素数/518400)^0.5

またK表示からUHDの画素数を求めるのでしたら、以下の式をエクセルに貼付すれば求められます。

画素数=518400*(K表示)^2

17:9の場合

また画素数からDCI(17:9)のK表示を求める場合は、以下の式をエクセルに貼付すれば求められます。

K表示=(画素数/552960)^0.5

またK表示からDCIの画素数を求めるのでしたら、以下の式をエクセルに貼付すれば求められます。

画素数=552960*(K表示)^2

まとめ

まとめとしては、2K(FHD)で200万画素だと覚えておけば、4Kはその4倍で800万画素、8Kはそのまた4倍で3200万画素だと導けます。

また3Kの場合でしたら、2Kの1.5倍で、それを2乗して2.25倍(=1.5×1.5)となり、それを200万画素に掛けて450万画素と求められます。

またもし可能でしたら、2K(FHD)が1920×1080と覚えておけば、この前後の数値を直接1.5倍すれば3Kの画素数(2880×1620)になり、2倍すれば4Kの画素数(3840×2160)を精確に導きだす事ができます

Loading