有り得ない大きさのRF16mm F2.8 STM

2021/09/08(水)

皆様は、有り得ないという英単語をいくつご存知でしょうか?

unbelievable、impossible、unlikely、improbable、incredible、ridiculous等色々ありますが、これは正にinsane級の有り得ないではないでしょうか?

それは、キヤノンが発売予定のRF16mm F2.8 STMです。

RF16mm F2.8 STMのリーク画像

この大きさでフルサイズの16mm F2.8とは、どう考えても有り得ないでしょう。

何しろ広角レンズには不利な一眼レフ用とは言え、キヤノンのNFD17mm F4ですら以下の様な大きさなのですから。

NFD17mm F4(1979年発売)

またソニーのFE 40mm F2.5 Gは、下にあります様に比較的小柄なものの、所詮24mmです。

左からFE 24mm F2.8 G、FE 40mm F2.5 G、FE 50mm F2.5 G

そして最後に思い出したのが、ソニーのE16mm F2.8です。


SONY E16mm F2.8

 

これはAPS-Cサイズのレンズなのでフルサイズ換算で画角は24mmなのですが、これを見るともしかしたらRF16mm F2.8 STMの外観写真は本物かもしれないと、思い至った次第です。

価格は299ドルとの事ですので、消費税を入れても4万円以下になりそうです。

おまけにAPS-Cサイズにクロップしても、26mm相当になりますので、24mmには少々足りないものの、被写界深度を深くしたい星空ポートレートにも十分使えます。

いやはや、長生きはするものです。