手ブレ補正なんていらない

2022/08/12

以前からちょくちょく言っているのですが、ほぼ確信に変わってきました。

少なくとも弊貧乏サイトにおいては、手ブレ補正は不要です。

EOS R6の手ブレ補正の説明図

と言うのは、一般的に言われる焦点距離の逆数のシャッタースピードを使って、EOS R6で手ブレ補正効果の有無を比べてみたのですが、全く違いが認められなかったからです。

確かに中腰になって、膝がガクガク震える状態で写真を撮ると、手ブレ補正有りの方がブレの無い写真が撮れるのですが、通常そんな撮り方をする事はありません。

また、普段の撮影でシャッタースピード1/30秒以下なんて殆ど使わないからです。

殆どと言うと多少使っている感じがしますが、もっと正確に言えば限りなくゼロだという事です。

ただし望遠系のレンズでしたら、あった方が何かと便利でしょうが、100mm以下のレンズであれば全く不要だと断言しても良いくらいです。

また動画においても、手ブレ補正有り無しで撮り比べてみたのですが、これまた違いが全く分かりません。

むしろ手ブレ補正有りの方が、どうも一瞬画面がギクシャクする様な挙動を見せるときがあります。

EOS R5 Cで、ボディー内手ブレ補正が削除されましたが、これも理由の一つではないでしょうか。

ボディー内手ブレ補正が削除されたEOS R5 C

そんな訳で、(誰も聞き入れてはくれないでしょうが)できればボディー内手振れ補正の無いカメラで、そこそこ高性能で廉価なカメラを出して貰えないかと思うのでありました。