ソニーのα6900は4K120Pを達成するのか

2022/06/06

Photo Rumorsによれば、ソニーから積層型センサーを採用した新型APS-Cカメラが出るかもしれないとの事です。

現行機種のα6600

積層型はともかくとして、余程の事がない限りいつか新製品は出るのですから、出る出ると言っていればいつかは当たるでしょう。

それはともかく、幣サイトの興味はその番号体系です。

従来のソニー製APS-Cサイズ機の番号体系は、以下の様になっています。

クラス\世代 第1世代 第2世代 特徴
上級機 α6500 α6600 ボディー内手ブレ補正搭載
金属ボディー
中級機 α6300 α6400 金属ボディー
初級機 α6000 α6100 プラスチックボディー

そうなると、第3世代の初級機はα6300で、中級機が6700、上級機が6900でしょうか?

そして、もう一つの見所は、果たして4K120Pを達成するかどうかです。

もし達成したとなると、それを搭載するのは、当然ボディー内手ブレ補正を搭載した最上位機種であるα6900になるのでしょう。

そうなると、つい先日発表されたフジフィルムのX-H2Sと真向勝負になります。

4K120Pが撮れるフジフィルムのX-H2S

一方、もし4K120Pを達成できなかったとすると、老舗ビデオメーカーの面目丸つぶれになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。