広角レンズはポートレートに不向きの誤解

2022/03/08

広角レンズで撮影すると歪(ゆが)みが発生するので、ポートレートには不向きである。

マネキンだから許される歪み写真

今時小学生でも知っていそうな事なのですが、果たしてそれは真実なのでしょうか?

今回はその常識にメスを入れてみたいと思います。

広角/標準/中望遠レンズの歪み比較

下は1m離れたマネキンを、焦点距離24mm、50mm、85mmで撮った写真になります。

距離1mのマネキンを焦点距離24mm(左)、50mm(中)、85mm(右)で撮った写真

1mとなるとかなり被写体に近いので、広角レンズならそれなりに歪みが発生していると思われる事でしょう。

そんな訳で、歪みの程度を確認するため、顔の大きさを同じにしたのが以下になります。

距離1mのマネキンを焦点距離24mm(左)、50mm(中)、85mm(右)で撮った写真

これをご覧頂きます様に、24mmも50mmも85mmも被写体までの距離が同じである限り、全くと言って良いほど歪みの程度は同じなのです。

歪みが発生する原因

ではなぜ広角レンズで撮ると歪みが起き易いと思われているかと言えば、広角レンズですと被写体が小さく写るので(標準レンズや中望遠レンズより)被写体に近付けるからです。

ちなみに先ほどは1mだったのを、今度は0.5mまでマネキンに近付いて撮ったのが以下の写真です。

距離0.5mのマネキンを焦点距離24mm(左)、50mm(中)、85mm(右)で撮った写真

どれも同じ様に鼻と口が膨らみ気味になっているのが分かって頂けると思います。

そんな訳で、広角レンズだから歪みが発生し易いのではなく、(レンズの焦点距離に関係なく)被写体に近寄り過ぎるから歪みが生じるのです。

ちなみに最初にお見せした歪み写真は、16mmの超広角レンズを使ってマネキンに近接して撮ったものです。

レンズ先端から10cmのマネキンを超広角レンズ(16mm)で撮った歪み写真

このため目安としては、人物を撮るのであれば、1m以上離れて撮れば、たとえ超広角レンズで撮ったとしてもさほど歪みは気にしないで済むと言えます。

ただしこれは、あくまでも被写体が画面の中央にある場合です。

被写体が画面の端にある場合

では被写体が画面の端にあるとどうなかと言えば、以下の様になります。

マネキンが画面中央の下(左)、画面上下中央の左(中)、画面左下コーナー(右)

これらは24mmのレンズで、1m離れたマネキンを画面の端に寄せて撮った写真です。

この様に広角レンズで撮った場合、被写体を画面の端に寄せると、1m離れていてもこの様に顔が伸びたり縮んだり歪(ゆが)んだりしてしまうのです。

だからと言って、人物を端に寄せるなとは言いません。

注目して頂きたいのは、上の一番左の写真です。

この場合マネキンの顔が細くなっているのを分かって頂けると思います。

余り大きな声ではいえませんが、女性の場合顔を少し細くした方が間違いなく美人になります。

このため、広角レンズを使って顔を画面中央の上にもっていけば、(レタッチソフトを使わなくても)顔を細面(ほそおもて)にして撮る事ができるのです。

もっと言えば、広角レンズを使って更に縦位置で撮影すれば、全体が痩せてスタイル良く写ります。

すなわち背景をボカスのではなければ、全身を撮るには広角レンズの方が向いているとも言えるのです。

一度試してみて頂ければと思います。