撮像素子の大きさによってカメラはどれくらい軽くなるのか

2022/03/26

撮像素子が小さくなれば、当然カメラもレンズも小さくなりますが、どれくらい軽くなるのでしょうか。

フルサイズのNikon Z 6II(左)とAPS-CサイズのNikon Z 50(右)

長さ比で言えば、フルサイズに対してAPS-Cサイズは1/1.5、マイクロ4/3は1/2です。

体積比や面積比は無理としても、重さもそれくらい減るのでしょうか。

そんな訳で、撮像素子の大きが異なる複数のミラーレスカメラに、24-105mm F4クラスの標準ズームレンズを装着した状態で重さを比べてみました。

その結果が上になるのですが、予想に反してボディーの重さは撮像素子の大きさに殆ど関係しないといった感じです。

特に最近発売されたマイクロ4/3機のLumix GH6に至っては、フルサイズ機より重いではありませんか。

カメラの重さについては、筐体の材質(金属かプラスチック)が一番影響している感じです。

一方レンズについては、明らかに差が認められます。

かなり大雑把な言い方ですが、APS-Cサイズのレンズはフルサイズの半分の重さで、マイクロ4/3のレンズはフルサイズの1/3(理論値は1/2)といった所でしょうか。

カメラ機材を軽くしたければ、レンズを軽くするしかなさそうです。