EOS R7の目玉機能はクロップ無しの自動水平補正

2022/05/26

知りませんでした。

自動水平補正機能を搭載したEOS R7

EOS R7に搭載された自動水平補正は、電子補正ではなくボディー内手振れ補正を使って行なわれている事を。


EOS R7の宣伝動画

すなわち、撮像素子を傾けて行われているのです。

ご存知かもしれませんが、キヤノンが呼ぶ所の自動水平補正機能は、EOS Kiss M2PowerShot G7 X Mark IIIにも搭載されていました。


EOS Kiss M2

PowerShot G7 X Mark III
EOS Kiss M2の自動水平補正のメニュー画面

ですが電子補正ため当然クロップされますし、大きな声では言えませんが、PowerShot G7 X Mark IIIの自動水平補正を使ってみても、効いているのかどうか分からない程度のものでした。

ところがEOS R7の動画を見る限り、何と4度近くも補正される様です。

補正量は4度近くありそうなEOS R7の自動水平補正

これだけ補正ができるのは、撮像素子の可動範囲が広いAPS-Cサイズ機だからかもしれませんが、とにかく素晴らしい。

ここまで性能が違うのですから、名称を変えるべきだったのではないでしょうか。

それはともかく、これがあれば、広角やスローの動画撮影においては、ジンバルを使わなくても済むかもしれません。

また目障りな水準器も、表示しないで済みます。

更に背景に水平線が写っている静止画の場合、1枚1枚現像ソフトで水平を修正しないで済みます。

間違いありません。

EOS R7の目玉機能は、この自動水平補正です。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。