EOS R6のV.1.5.2

2022/03/17

本日、待望のEOS R6のバージョンアップが行われました。

てっきり以前指摘した被写体検知能力低下の対策ファームウェアだと思ったのですが、早速確認してみた所、飛んでもない誤解でした。

 

もしこれが、V.1.5.0の被写体検知能力低下の対策ファームウェアでないとしたら、数週間後にまた新たなファームウェアがリリースされるのでしょうか?

それともこのV.1.4.0からV.1.5.0へのバージョンアップに伴う性能低下は、このまま放置されるのでしょうか?

2件のコメント

貴重な動画を公開してくださってありがとうございました。感謝いたします。
これを見て、私の評価は少し違います。私は動画は撮らず、静止画のポートレートがほとんどです。1.4だと瞳AFが一瞬だけ逆の瞳に合う現象が、1.52では見事に回避されています。
これまで何度も逆の瞳(斜めからの構図で)に合う現象に悩まされて来ましたので、私的にはここはキヤノンが頑張ってくれたのではと感じています。
管理人さんは1.4でのこの逆の瞳に合う現象は何も感じませんでしたか?

感じました。

その観点から動画を見直したら、V1.5.2では明らかに近い方の目を安定して捉えている様です。

これで露出オーバーでも頭部を検出してくれれば、言う事はないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。