NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sの魅力

2022/02/07

ニコンのNIKKOR Z 24-120mm f/4 Sが売れている様です。

NIKKOR Z 24-120mm f/4

Z 9との相乗効果もあるのでしょうが、他社のF4標準ズームが24-105mmの4.4倍なのに対して、この24-120mmは5倍ズームと言うのが魅力なのでしょう。

ところが105mmと120mmの画角を比べると、以下の様にそれほど大きな違いはありません。

むしろ誇るべきは、そのボケ量です。

下は被写体を同じ大きさで撮影した場合の背景のボケ量を、50mm F1.4のレンズと比べたチャートになります。(詳細はこちら

この緑色のグラフをご覧頂きます様に、120mm F4のボケ量は、105mm F4より上なのは当然として、何と70mm F2.8よりも上なのです。


FE 24-70mm F2.8 GM

Z 24-70mm f/2.8  S

RF24-70mm F2.8 L IS USM

S PRO 24-70mm F2.8

24-70mm F2.8 DG DN
各社のF2.8の標準ズームレンズ

すなわち大三元の24-70mm F2.8より、(その気になれば)本レンズの方が背景をボカす事が可能なのです。

更に、レンズ内手振れ補正を省いたためなのか、他社のズームレンズより軽いのです。


FE 24-105mm F4 G OSS
(663g)
0.31倍

Z 24-120mm f/4 S
(630g)
0.39倍

RF24-105mm F4 L IS USM
(700g)
0.24倍

S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
(680g)
0.5倍

かと言って手振れ補正が無いのが不利かと言えば、そんな事はありません。

実際思い出して頂きたいのですが、今までに手持ちで1/30秒以下のシャッタースピードでどれくらい撮った事があるでしょうか?

ゼロとは言わないまでも、限りなく少ないのではないでしょうか。

また手振れ補正が付いているからと言って、手持ちで1/15秒とか1/8秒で積極的に撮ろうと思った事もないでしょう。

また比べた訳ではないのですが、何となくレンズ内手振れ補正が無い方が、光学性能は上の様な気がしないでもありません。

そんな訳で、いつかこの4本のレンズのMTFを比べてみたいと思うのでありました。