ニコンから2機種のミラーレスカメラが登場する?

2022/06/12

Nikon Rumorsの情報によれば、ニコンから今年2機種のミラーレスカメラが登場する様です。

Nikon Z 30予想イラスト図

その内1台はAPS-Cサイズ機のNikon Z 30で、もう1台はフルサイズ機だそうです。

ニコンから今年出るであろうカメラは年初に予想した(詳細はこちら)のですが、一覧にすると以下の通りです。

系列
Z 9 Nikon Z 9(4600万画素、裏面照射積層型) N/A
Z 7 Nikon Z 7II(4600万画素、裏面照射型) Nikon Z 7III(Z 9のディチューン版)
Z 6 Nikon Z 6II(2400万画素、裏面照射型) Nikon Z 6III(低画素のメカシャッターレス)
Z 5 Nikon Z 5(2000万画素、表面照射型) N/A
Z 50 Nikon Z 50(2000万画素、表面照射型) N/A
Z 30 N/A Nikon Z 30(Z 50のファインダー無し)
Z fc Nikon Z fc(2000万画素、表面照射型) N/A
Nikonos N/A Nikonos Z(Z 30を母体にした水中カメラ)

APS-Cサイズ機はZ 30で確定の様なのですが、今更Z 30を出す意味があるのでしょうか。


Nikon Z 9

Nikon Z 7II
Nikon Z 6II
Nikon Z 5

Nikon Z 50

と言うのは、Z 50は当初11万円前後でしたが、今では10万円を割り込んでいますので、今更Z 50からファインダーとストロボを省いたZ 30を出したとしても、Z 50に流れてしまうのではないでしょうか。

それならむしろZ 50にボデイー内手ブレ補正を搭載して、Z 60として売り出した方が余程賢明な様な気がします。

更にZ 6IIやZ 7IIの様に映像エンジン(EXPEED 6)を2個積んで、連写速度を数コマ上げて、更に4K60Pに対応させれば、Nikon D500の後継機として文句を言われる事はないでしょう。

そして、もっと気になるのはフルサイズ機です。

Nikon Z 9のバックオーダーが片付いていないのに、ここでNikon Z 9のディチューン版であるNikon Z 7IIIを出すのはどう考えても得策ではありません。

そうなると2000万画素前後で、メカシャッターレスのNikon Z 6IIIを期待しないではいられません。

これで4K120Pとチルト式モニターを採用してくれれば、買い替え決定です。

1件のコメント

Z30、デザインと機能面で、アッと言わせるような革新性がなければ売れないでしょうねl。
新FX、Z8がいいかと。6000万画素。6000,3000,2000をRAWで記録できる、ライカの「トリプルレゾリューションテクノロジー」ような機能なら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。