デジカメにおける画質とは

2022/05/31

デジカメにおける画質とは何でしょう。

これがJISISOに定義されていれば良いのですが、そんな規格は無さそうです。

フィルム時代でしたら、解像度とか色味がその代表選手だった様に思います。

また今どきでしたら、更にノイズ特性諧調性ダイナミックレンジまで画質に入るのかもしれません。

また多少抽象的な表現であれば、空気感臨場感立体感と言ったものが挙げられます。

とは言え、これら全てを画質と言ってしまうと、発散してしまいますので、幣サイト独自で画質を定義したいと思います。

案1

先ず案1は以下です。

画質とは、見た目と出力された画像との忠実性の度合いである。

すなわち画質(Image Quality)が良いというのは、見た目と出力された画像が非常に良く似ているという事です。

これを画像で表すと、以下の様に見た目の画像と出力された画像が全く同じであれば、画質が良いという事になります。

見た目の画像(基本画像)
出力された画像

これでも良さそうな気もするのですが、これだと画像の歪み等の幾何学特性まで入ってきますので、画質の定義としては広すぎます。

案2

という事で、案2は以下です。

画質とは、見た目と出力された画像の色再現性の合致度である。

すなわち見た目と出力された画像の色味が似ていれば、画質が良いという事です。

例えば下が見た目の画像だとします。

見た目の画像(基本画像)

にも関わらず、下の様に変色していたら、とても画質が良いとは言えません。

色味の変わった出力画像(色再現性の悪い画像)

ただしこれだけでは足りません。

案3

と言うのは、下の2枚の画像は、色味(色再現性)は同じですが、ノイズが乗ったり、バンディングが発生していたりしています

ノイズの発生した出力画像(平滑性の悪い出力画像)
バンディングの発生した出力画像(諧調性の悪い出力画像)

これも画質の定義に入れる必要があるでしょう。

そんな訳で、案3が以下です。

画質とは、見た目と出力された画像の色再現性と平滑性と諧調性の合致度の事である。

これで前述の不良画像は一通り網羅する事になりますが、いかがでしょうか。

結論

もしかしたら上記以外にも不良画像が存在するかもしれませんが、今の所は案3の以下を結論にしておきたいと思います。

画質とは、見た目と出力された画像の色再現性と平滑性と諧調性の合致度の事である。

これを、英訳すると以下の様になります。

The image quality is the degree of matching between the appearance and the output image which include the color reproducibility, smoothness, and tone.

手前味噌な話ですが、英語に直訳できる日本語はソコソコ論理的です。

なおここでは、解像度は画質とは異なるものと扱うと共に、ダイナミックレンジは出力された画像の諧調性に含まれると考えています。

また幣サイト内で使用している”画質”は、以前よりこの定義に基づいて使用しています。