EOS R6ジュニアは未だか

2021/10/9

先日来、PowerShoto G1 X Mark IVの発表を待ち続けている、幣サイトです。

余りに恋しくて、勝手に仕様書まで作ってしまいました。

項目\機種 PowerShot
G1 X Mark III
(2017/11)
EOS M6 MarkII
(2019/9)
EOS R6
(2020/8)
PowerShot
G1 X Mark IV
(2021/10)
画素数 2420万画素 3250万画素 2010万画素 2000万画素
レンズ 24-72mm F2.8-5.6 N/A N/A 24-120mm F2.0-F3.9
電子幕速度 不明 1/20秒 1/60秒 1/60秒
ISO感度
(拡張)
100-25600 100-12800
(-25600)
100-102,400
(50-204,800)
100-51200
シャッタースピード
(電子)
1/2000-30, B 1/4000-30, B
(1/16000)
1/8000-30, B 1/4000-30, B
AF CMOS AF
顔検出
最大64%
CMOS AF
顔検出
瞳サーボAF
最大88%
EV-5
CMOS AF II
瞳・顔・頭部検出
犬・猫・鳥検出
最大100%
EV-6.5
CMOS AF II
瞳・顔・頭部検出
犬・猫・鳥検出
最大100%
EV-6.5
連写
(電子シャッター)
9コマ/秒 15コマ/秒
(30コマ/秒)
プリ撮影
12コマ/秒
(20コマ/秒)
15コマ/秒
(30コマ/秒)
プリ撮影
手ブレ補正 最大4段 レンズ内手振れ補正 協調最大8段 最大4段
ファインダー 0.39型
236万dot
22mm
N/A 0.5型
369万dot
0.76倍
23mm
0.39型
236万dot
22mm
モニター 3型
104万dot
バリアングル
3型
104万dot
チルト
3型
162万dot
バリアングル
3型
104万dot
チルト
動画 FHD60P 4K30P
FHD120P
4K60P
(1.1倍クロップ)
FHD120P
4K30P
FHD120P
防塵防滴
発売時価格 14万円 11.5万円 30万円 16万円

多分に希望的推測が入っていますが、もしこれに近い仕様になるとしたら、ほぼEOS R6を凌駕する性能と言えるでしょう。

毎度お伝えします様に例えばEOS R6の常用レンズがRF24-105mm F4L USMのレンズだとすると、APS-Cサイズであれば24-105mm F2.5で同じボケの写真が撮れますので、広角域ではG1 X Mark IVの方がボケるのです。


RF24-105mm F4L USM

 

更にRF24-105mm F4L USMより安いRF24-105mm F4-7.1 IS STMであれば、APS-Cサイズの24-105mm F2.5-4.4に相当しますので、全域に渡ってG1 X Mark IVの方がボケるのです。


RF24-105mm F4-7.1 IS STM

 

すなわち、フルサイズであってもF4クラスのズームレンズであれば、それを超える画質の写真がAPS-Cサイズのコンパクトカメラで撮れてしまうのです。

更に、レンズシャッターなので昼間でも内蔵の超小型ストロボで日中シンクロが可能で、パワーズームで動画中でもズーミングでき、軽いのでジンバルに載せても楽に操作ができます。

おまけにもし連写速度がAF追従で15コマ/秒となると、動体撮影においてもEOS R6を凌ぐ事になります。

これでもしボディー内手振れ補正を搭載して、8段以上の手ブレ補正効果をを達成するとなると、EOS R6を完全に超えてしまいます。

さすがにそこまではないないと思うのですが、それがなくてもコンパクトデジカメにおける高性能機として新たな市場を開くかもしれません。

と言ったら、言い過ぎでしょうか。