フルサイズ機 vs 1インチサイズ機の予告編

2021/10/2

幣サイトでは常々、フルサイズ機が小サイズ機より画質が良いのは、あくまでも被写界深度が小サイズ機より浅い場合だけであって、同じ画素数と画角と被写界深度であれば、画質は全く同じになると唱えてきました。

例えばですが、下の様なステージ写真を、フルサイズ機を使って1/500秒 F5.6 ISO800で撮ったとします。

フルサイズ機で、1/500秒 F5.6 ISO800で撮った画像(EV11)

すると、同じ画素数の1インチサイズ機であれば、理論上絞りを3段(正確には2.9段)絞った1/500秒 F2.0 ISO100で、上と全く同じ写真が撮れるのです。(詳細はこちら

1インチサイズ機で、1/500秒 F2.0 ISO100で撮ると同じ写真が撮れる

すなわち、値段も大きさも全く異なる下の2台のカメラで、全く同じ写真が撮れてしまうのです。

2000万画素のNikon D6(本体のみ70万円)と同じく2000万画素のSONY RX100V(10万円)

そうは言っても、弱小サイトのいう事を、そう簡単に信じて頂く事はできないでしょう。

ましてや、こんな事を言うのは世界中探しても幣サイトくらいなものですし、プロ用カメラとコンデジで全く同じステージ写真が撮れるはずがないと思うのが道理です。

そんな訳で、以前フルサイズ機と1/2.3型機を等べてみた事があるのですが、残念ながらその時は、両者のメーカーも異なれば、年代も異なるという事で、理想的な比較とは言えませんでした。(当該記事はこちら

そこで今回、新たにキヤノンの1インチサイズ機である2000万画素のPowerShoto G7X MarkIIIを購入しましたので、この画質を同じく2000万画素のキヤノンのEOS R6と比べてみたいと思います。

ちなみにG7X MarkIIIは、フルサイズ換算で24-100mm F1.8-2.8のズームレンズを搭載していますが、この場合計算するとフルサイズの24-100mm F4.9-7.6(元の絞り値の2.7倍)と同じボケ量を表現できます。


PowerShoto G7X MarkIII

 

このため、もしG7X MarkIIIが24-100mm F1.5-2.6の明るいレンズを搭載してくれれば、フルサイズのRF24-100mm F4-7.1 IS STMと同じボケ量の写真を撮る事ができます。


RF24-100mm F4-7.1 IS STM

 

ただしそれではフルサイズ機の立場がなくなるので、そこまではやらないのかもしれません。

それはともかく、G7X MarkIIIは最高シャッタースピードが1/2000秒までだったり、ND3フィルターが内蔵されたり、最低常用ISO感度が125だったり、焦点距離によって絞り値が変わったりと、EOS R6と異なる点が多々あるので、この2台を比較して撮る場合の設定値を事前に考えておきます。

画角\機種 PowerShoto G7X MarkIII EOS R6
24mm F1.8 1/8000秒相当(1/1000秒+ND8)ISO125 F5.0 1/8000秒 ISO1000
100mm F2.8  1/3200秒相当(1/400秒+ND8)ISO125 F8.0 1/3200秒 ISO1000

もしEV14程度の明るい日中であれば、上の設定にすれば同じ露出/同じ被写界深度/同じ画質の写真が撮れるはずです。

どういう結果になるかお楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です