手振れ補正の妥協点

2021/11/13

先日、手振れ補正を常時ONにするのは考え物だ、とお伝えしました。

なにしろ標準ズームレンズであれば、1/125秒以上の高速でシャッターを切っていれば、元々手振れしない画像を撮れるのですから、手振れ補正は何の意味もないからです。

かと言って、手振れ補正スイッチをその度にON/OFFするのは面倒ですし、コメントにも頂きました様に切り替え忘れるのも心配です。

ならば、自動で手振れ補正をON/OFFしてくれれば良いのですが、そんな願いを叶えて貰えるはずもありません。

そんな事を思っていたら、フト良い手を思い付きました。

EOS R6の手振れ補正には、下のメニュー画面にあります様に常時撮影時のみが選択できるのです。

EOS R6の静止画IS設定メニュー

望遠レンズを使用しているときでしたら、いつでもファインダーが安定して見える常時が良いのでしょうが、それ以外でしたら撮影時のみにしておけば、電池の無駄な消耗を防げます。

また撮影時のみにしておけば、手振れ補正制御用レンズも撮像素子も中央位置からスタートするので、常時より画質も良く、手振れを抑える効果も高い様な気がします。

そんな訳で、早速設定を変えようと思ったら、前述の静止画ISのメニューが表示されないではありませんか。

レンズ内手振れ補正が搭載されたレンズを装着すると、動画電子ISのメニューしか表示されない

何故かと調べてみると、レンズ内手振れ補正の搭載されたレンズを装着すると、(静止画ISのメニューが表示されず)手振れ補正は常時に固定される様です。

何でこんな仕様になっているのでしょうか?

こうなるとカメラの電源を入れて移動している最中も、無駄に手振れ補正は動き続けている事になります。

ソニー機の場合、シャッターボタン半押しやピント面拡大時にしか手振れ補正は働かないので、キヤノン機よりよほど合理的です。

キヤノンとしては折角最高8段の効果がある手振れ補正機能を搭載(開発)したので、何が何でも使わせたいのかもしれませんが、無駄な物は無駄です。

以上をまとめると以下の様になります。

①レンズ内手振れ補正がないレンズを装着時は、手振れ補正の設定を撮影時のみにしておけば、多少電池の無駄を防ぐ事ができる。

②ただしレンズ内手振れ補正があるレンズを装着すると、(レンズのISスイッチをONしている限り)手振れ補正は常時ONになり無駄に電池を消耗する事になる。

こうなるとやはり自動で手振れ補正をON/OFFする様にしてくれれば良いのですが、そんな事はキヤノンに望みません。

何故ならば、いつかニコン機に買い替える身ですので、今後はニコンに期待です。

 

1件のコメント

キヤノン機は、ボディとレンズが共同強調して手振れ補正を行うからではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です