新EOS RP

2022/01/28

嬉しいニュースが飛び込んできました。

幣サイトも一目置いているCanon Rumorsの情報によれば、今年キヤノンから以下の3機種が発売されるそうです。

①RFマウントのAPS-Cサイズ機

②入門機とEOS R6の中間を埋める機種

③廉価版のフルサイズ機

①についてはEOS 7D Mark IIの後継機になるのは間違いないでしょう。(詳細はこちら

金属ボディーのEOS 7D Mark II

②については、EOS R3の撮像素子を流用した6K60P4K120Pが撮れる機種になるのでしょう。

New EOS R?

そうなると当然ながら入門機とEOS R6の中間を埋める機種ではなく、EOS R5とEOS R6を埋める機種と予想する次第です。

それはともかく、何より喜んだのは③です。

Canon Rumorsによれば、本機はファインダーレスでEOS R6の2000万画素の撮像素子を流用するというではありませんか。

ファインダー無し、手振れ補正無しの新EOS RP?

そうなると、(キヤノンが階層構造にこだわらない限り)EOS R6と同様に4K60PFHD120Pが撮れる可能性が大です。

そうなると、正にEOS R6のサブ機にピッタリと言えます。

何しろEOS RPは4K25P(クロップ)FHD60Pまでで、EOS Rは4K30P(クロップ)FHD60P、HD120Pです。


EOS R5
(4500万画素)

EOS R6
(2000万画素)

EOS R
(3000万画素)

EOS RP
(2600万画素)

このためフルフレームで4K60PFHD120Pが撮れる機種は、上位機種であるEOS R5になってしまうのです。

また廉価版となると当然ボディー内手振れ補正も非搭載でしょうが、どうせジンバルに乗せるのですから、そんな物必要ありません。

むしろ少しでも軽い方が有難いくらいです。

ジンバル撮影は見た目以上に疲れる

これでもし15万円以下であれば、EOS R6のサブ機として理想的です。

ついでに言ってしまえば、更にメカシャッターを削除して、10万円以下にして貰えれば、なお有難いくらいです。

廉価機ならば、(半年先と言わずに)CP+で登場しても良さそうな気もします。

本当に待ち遠しい1台です。

2件のコメント

Canonのレンズ特許に、像高が14ミリのものが有りました。
これは、もしかしたら、Canonもクロップ倍率1.5にするかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。