Nikon Z 7IIIは、EOS R5を間違いなく超える

もう断言しても良いでしょう。

次期Nikon Z 7IIIは、EOS R5を超えます。

現行のNikon Z 7II

何故ならば、開発コストを抑え、更に量産コストを上げるために、次期Z IIIはZ 9の縦位置グリップを取り除いたディチューン版になるのはほぼ間違いないからです。

そうなると下の表にあります様に、基本性能はZ 9にほぼ準ずる事になります。

項目\機種 Z 9
(2021/12)
Z 7III
(2022/?)
EOS R5
(2020/7)
画素数
(型式)
4500万画素
(表面積層)
4500万画素
(表面積層
4500万画素
(表面単層)
電子幕速度 1/250秒 1/250秒 1/60秒
ISO感度
(拡張)
64-25,600
(32-102,400)
64-25,600
(32-102,400)
100-51,200
(50-102,400)
メカシャッタースピード N/A N/A 1/8000-30, B
電子シャッタースピード 1/32000-30 1/32000-30 1/8000-0.5
被写体検出 全9種類 全9種類 人動物鳥
メカ連写 N/A N/A 12コマ/秒
電子連写 20コマ/秒
JPEGで30コマ/秒
11MのJPEGで
120コマ/秒
20コマ/秒
JPEGで30コマ/秒
11MのJPEGで
120コマ/秒
20コマ/秒
手ブレ補正 最大6段 最大6段 最大8段
ファインダー 369万dot 369万dot 238576万dot
モニター 3.2型 3.2型 3.2型
210万dot 210万dot 210万dot
4軸チルト 4軸チルト バリアングル
動画
(バージョンアップ対応)
8K30P
(8K60P)
8K30P 8K30P
ハイスピードフレーム 4K120P 4K120P 4K120P
価格 70万円 40万円 45万円

左の2機種の中で最も優れた個所を太字で示す。

Z 9との違いと言えば、撮影枚数動画の撮影時間、それに差別化で8K60Pを撮れなくする事ぐらいではないでしょうか。

これをEOS R5と比べると、最大常用ISO感度手振れ補正以外は、全てZ 7IIIの方が優れている事になります。

それでいて、作像系はZ 9を流用でき、更にメカシャッターが無い事から、EOS R5より数万円安くなると予想されます。

そんな訳で、来年中には高画素機においてもニコンがシェアを大きく伸ばすと思うのですが、いかがでしょうか。

 

7件のコメント

凄いですね〜又コスパが、、Z9の立場が、7lllとの差異がまだ見えませんね〜デチューン版なのか?別角度のマシンなのか?
そうなるとEOS R5マークマークllを期待します!期待します。
EOS R1は当面戦場の様子見で後で良いのでは、?

Z9Ⅲの登場が2022年夏だとしたら、🙊2020年夏に登場したR5を超えるのは当然ではないでしょうか?
R5 MarkⅡの登場は2023年だとは思いますが、またさらに超えてくるのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。