ニコン機のシャッター方式自動選択機能

2022/05/31

Nikon Z 50を使っていて、画期的な事に気付きました。

APS-Cサイズ機のNikon Z50

本機には両幕のメカニカルシャッターも搭載されているのですが、手持ちのZ 50の場合、何故かこの設定にする事ができません。

メカニカルシャッターを選択できないシャッター方式に関するメニュー表示

不思議に思っていたのですが、どうやらこの理由は暗いキットズームレンズを使っている場合、電子先幕シャッターを強制的に使用する様にしている様です。

メカニカルシャッターを選択できないのはネガティブな印象ですが、暗いレンズであればボケ欠け等の弊害は出ないので、シャッターブレの発生しにくい電子先幕シャッターに限定する事はむしろ好ましいと言えます。

さらにメカニカルシャッターと電子先幕シャッターを、カメラが自動で切り替えてくれるAUTO機能も備えています。

そこで思い出すのが、以前EOS R6で下にあるボケ欠け写真を撮ってしまった事です。

ボケ欠け写真(EOS R6+RF85mm F1.2L+ND4でF1.2、1/8000秒、ISO100)

これは電子先幕シャッターを使ったまま(メカニカルシャッターに変えるのを忘れて)、明るい単焦点レンズを装着して、且つ高速のシャッタースピードで撮ってしまったためです。(詳細はこちら

こんな場合は、自動でメカニカルシャッターに切り替えてくれれば良いのにと思ったのですが、恐らくニコンのこのAUTO機能はそれに準ずる機能なのかもしれません。

EOS R6で電子先幕シャッターが使えるボーダーライン

もしそうだとすると、さすがニコンという感じです。

2件のコメント

この「メカニカルシャッターのみのモードが使えない」って制限ちょくちょくあってずっとなんでこんな謎の制限付けるんだ?って不思議だったんですが、調べて見るとこの制限があるレンズは
Z DX 16-50f3.5-6.3
Z DX 50-250f4.5-6.3
Z100-400f4.5-5.6
の三本で確かにみんな暗いレンズばかりでしたね。
30万以上する100-400になぜそんな制限を付けたのかだけ謎ですが……

お便りありがとうございます。

恐らく100-400mm f/4.5-5.6も、同じ理由ではないかと思います。

むしろ不思議なのは、なぜ以下の2本が同じ扱いになっていないかです。

NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR
NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です