APS-Cサイズ機の最高峰フジフィルム X-H2S登場

2022/06/01

フジフィルムからAPS-Cサイズ機のX-H2Sが発表されました。

フジフィルムのX-H2S

2600万画素の高画素機なので、殆ど興味は無かったのですが、スペックを見て驚きました。

なな何と、4K120Pが撮れるそうではありませんか。

従来は下にある様な高価なフルサイズ機しか撮れなかったので、これは快挙と言っても良いでしょう。

SONY α1
5000万画素
EOS R3
2400万画素
Nikon Z 9
4600万画素
α7S III
1200万画素
EOS R5
4500万画素
4K120Pの撮れるカメラ

ただしお値段は35万円との事なので、相変わらず高値の花です。

そうなると、先日発表されたEOS R7、R10と動画性能を比べたくなるのが人情でしょう。

X-H2S EOS R7 EOS R10
6.2K/30P
4K/120P

 

 

4K60P(画素間引き)
4K60P(クロップ)
4K30P(オーバーサンプリング)
4K60P(クロップ)
4K30P(オーバーサンプリング)
35万円 20万円 13万円

するとご覧の通りで、価格帯が全く異なるのですが、性能差は一目瞭然です。

またX-H2Sの電子シャッターの幕速度は、1/180秒との事です。

これに対して、生憎EOS R7とR10の正確な幕速度は不明ですが、R7の撮像素子のベースとなったEOS M6 IIや他機種の幕速度を考えると1/20秒~1/40秒程度ではないでしょうか。

ブランド SONY Canon Fujifilm Nikon OM System Lumix
機種 α6600 EOS M6 II X-T4 Z 50 E-M1 III OM-1 G9 PRO
スキャン速度 1/20 1/20 1/45 1/40 1/30 1/60 1/20
メカ 1/300 1/500 1/500 1/350 1/400 1/250 1/300
機種別の電子シャッターとメカシャッターのスキャン速度(単位:秒)

そんな訳で、X-H2Sは価格も性能も、別格のAPS-Cサイズ機と言えそうです。