SONY α7 IVを他社機と比べて分かった衝撃の事実

2021/12/03

いよいよソニーのα7 IVが日本で発売されるそうです。

ようやく日本で発売されるα7 IV

ニコンファンの幣サイトとしては、全く興味の対象外なのですが、以前書いた記事が価格を含めて未定の部分があったので、オフィシャル情報を元に他社機と比べてみる事にしました。

項目\機種 Nikon Z 6 II
(2020/11)
α7 IV
(2021/12)
Lumix S5
(2020/9)
EOS R6
(2020/8)
画素数 2450万画素 3300万画素 2420万画素 2010万画素
電子幕速度 1/45秒 1/15秒 1/20秒 1/60秒
ISO感度
(拡張)
100-51,200
(50-204,800)
100-51,200
(50-204,800)
100-51,200
(50-204,800)
100-102,400
(50-204,800)
シャッタースピード 1/8000-30, B 1/8000-30, B 1/8000-30, B 1/8000-30, B
AF ハイブリッドAF
瞳AF
動物AF
最大81%
EV-4.5
4D FOCUS
リアルタイム
瞳AF
犬・猫・鳥検出
最大94%
EV-4
空間認識AF
リアルタイム
認識AF
顔瞳動物認識
デュアルピクセル
CMOS AF II
瞳・顔・頭部検出
犬・猫・鳥検出
最大100%
EV-6.5
連写
(電子シャッター)
14コマ/秒 10コマ/秒 7コマ/秒 12コマ/秒
(20コマ/秒)
手ブレ補正 最大5段 最大5.5段 最大6.5段 最大8段
ファインダー 0.5型
369万dot
0.8倍
21mm
0.5型
369万dot
0.78倍
23mm
0.5型
238万dot
0.74倍
20mm
0.5型
369万dot
0.76倍
23mm
モニター 3.2型
210万dot
チルト
3型
104万dot
バリアングル
3型
184万dot
バリアングル
3型
162万dot
バリアングル
4K60P
(推定)
APS-C
クロップ
(4:2:0)
(10bit)
APS-C
クロップ
4:2:2
10bit
APS-C
クロップ
4:2:0
10bit
1.1倍
クロップ
4:2:2
10bit
4K30P
(推定)
6Kから
(4:2:2)
(10bit)
7Kから
4:2:2
10bit
6Kから
4:2:2
10bit
5.1Kから
4:2:2
10bit
FHD
ハイスピードフレーム
FHD120P
音声付き
FHD120P FHD180P
ただしMF
FHD120P
FHD120P
最大ビットレート 360Mbps 600Mbps 200Mbps 230Mbps
無線LAN 802.11ac 802.11ac 802.11ac 802.11b/g/n
価格 25万円 33万円 24万円 30万円
太字は3機種の中で最も優れている性能を指す

 

これをご覧頂きます様に内容を更新しても、α7 IVが他社より優れているのは、画素数と4K30Pで7Kオーバーサンプリングくらいです。

ところが、逆に赤字で示します様に劣っている所に大きな変更があります。

当初は電子シャッターの幕速度は、α7 IIIと同じ1/30秒程度だろうと思っていたのですが、DPReviewの調査によるとたったの1/15秒との事です。

今時1/15秒とは、畏(おそ)れ入谷の鬼子母神です。

これでは怖くて、動画撮影中に気軽にパン動作などできません。

更に驚いた事に、背面モニターは依然104万ドットのままではありませんか。

20万円クラスで売り出したα7IIIが、104万ドットの背面モニターを採用したのは大英断だと思ったのですが、今どきのフルサイズ機の背面モニターで104万ドットとは。

そしてもっと驚くのが、その価格です。

30万円近くになると予想はしていたものの、30万円超えとはこれ如何に。

余計なお世話でしょうが、果たしてこれは売れるのでしょうか?

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。