見劣りするSONY α7 IVの性能

2021/10/6

恐れていた事が起きそうです。

アヒルが白鳥になったα7 III

ソニーの売れ筋ナンバー1と期待されるα7 IVですが、どうやら他社機と比べるとかなり見劣りする性能になりそうです。

現状噂されるα7 IVの仕様を表にして、他社機と比べると以下の様になります。

項目\機種 Nikon Z 6 II
(2020/11)
α7 IV
(推定)
Lumix S5
(2020/9)
EOS R6
(2020/8)
画素数 2450万画素 3300万画素 2420万画素 2010万画素
電子幕速度 1/45秒 1/30秒 1/20秒 1/60秒
ISO感度
(拡張)
100-51,200
(50-204,800)
100-51,200
(50-204,800)
100-51,200
(50-204,800)
100-102,400
(50-204,800)
シャッタースピード 1/8000-30, B 1/8000-30, B 1/8000-30, B 1/8000-30, B
AF ハイブリッドAF
瞳AF
動物AF
最大81%
EV-4.5
4D FOCUS
リアルタイム
瞳AF
動物検出
最大93%
EV-3
空間認識AF
リアルタイム
認識AF
顔瞳動物認識
デュアルピクセル
CMOS AF II
瞳・顔・頭部検出
犬・猫・鳥検出
最大100%
EV-6.5
連写
(電子シャッター)
14コマ/秒 10コマ/秒 7コマ/秒 12コマ/秒
(20コマ/秒)
手ブレ補正 最大5段 最大5.5段 最大6.5段 最大8段
ファインダー 0.5型
369万dot
0.8倍
21mm
0.5型
369万dot
0.78倍
21mm
0.5型
238万dot
0.74倍
20mm
0.5型
369万dot
0.76倍
23mm
モニター 3.2型
210万dot
チルト
3型
162万dot
バリアングル
3型
184万dot
バリアングル
3型
162万dot
バリアングル
4K60P
(推定)
APS-C
クロップ
(4:2:0)
(10bit)
APS-C
クロップ
4:2:0
10bit
APS-C
クロップ
4:2:0
10bit
1.1倍
クロップ
4:2:2
10bit
4K30P
(推定)
6Kから
(4:2:2)
(10bit)
7Kから
4:2:2
10bit
6Kから
4:2:2
10bit
5.1Kから
4:2:2
10bit
FHD
ハイスピードフレーム
FHD120P
音声付き
FHD120P FHD180P
ただしMF
FHD120P
FHD120P
最大ビットレート 360Mbps 200Mbps 230Mbps
無線LAN 802.11ac 802.11ac 802.11ac 802.11b/g/n
価格 25万円 30万円 24万円 30万円
太字は3機種の中で最も優れている性能を指す

 

これをご覧頂きますα7 IVが他社より優れているのは、画素数と4K30Pで7Kオーバーサンプリングくらいです。

一昔前ならいざ知らず、今どき画素数が増えても、単純に喜ぶ方もいらっしゃらないでしょう。

また7Kオーバーサンプリングにしても、ベイヤー配列の4画素を1括りにできる8Kのオーバーサンプリングと違って、6Kや5Kのオーバーサンプリングと比べて際立った差があるとも思えません。

にも関わらず、高画素の撮像素子を採用し、さらに電子ファインダーやモニターの解像度を上げた事で、価格が30万円近くなったとしたら、さすがにソニーファンと言えどもこれに手を出すのは躊躇(ためら)うでしょう。

果たして実機の性能や如何に?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です