ニコンはソニーを2020年に追い抜いていた

2021/10/28

Nikon Z 9が発表された事により、俄然(がぜん)ニコンの見方が変わった方も多いのではないでしょうか?

そんな訳で、何故かネットで絶賛されるα7 IVと、今一つ評判が芳(かんば)しくないNikon Z 6IIを再度比較してみたいと思います。

α7 IV(左)とNikon Z 6II(右)

下がその表なのですが、これをご覧になっていかがでしょうか?

項目\機種 Nikon Z 6II
(2020/11)
α7 IV
(2021/12?)
画素数 2450万画素 3300万画素
電子幕速度 1/45秒 1/15秒
ISO感度
(拡張)
100-51,200
(50-204,800)
100-51,200
(50-204,800)
シャッタースピード 1/8000-30, B(15分可能) 1/8000-30, B
AF ハイブリッドAF
瞳AF
動物AF
最大81%
EV-4.5
4D FOCUS
リアルタイム
瞳AF
動物検出
最大94%
EV-4
連写速度 14コマ/秒 10コマ/秒
手ブレ補正 最大5段 最大5.5段
ファインダー 0.5型
369万dot
0.8倍
21mm
0.5型
369万dot
0.78倍
23mm
モニター 3.2型
210万dot
チルト
3型
162万dot
バリアングル
4K60P
(推定)
APS-C
クロップ
(4:2:0)
(10bit)
APS-C
クロップ
4:2:0
10bit
4K30P
(推定)
6Kから
(4:2:2)
(10bit)
7Kから
4:2:2
10bit
FHD
ハイスピードフレーム
FHD120P
音声付き
FHD120P
最大ビットレート 360Mbps 150Mbps
無線LAN 802.11ac 802.11ac
価格 25万円 30万円
太字は優れている性能を指す

 

Z 6IIよりほぼ1年後に発売されるα7 IVですが、動画性能はZ 6IIとほぼ同じで、優れている所は画素数と鳥検知ぐらいで、電子シャッターの幕速度も連写速度も背面モニターも劣りながら、Z 6IIより5万円近く高いのです。

何が言いたいかと言えば、Z 9の登場前、もっと正確に言えば、既に昨年末の段階でニコンはソニーを追い抜いていたと言いたいのですが、ご同意頂けますでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。