カメラに欲しい機能(随時更新)

2022/05/03

忘れない内に、カメラに欲しい機能をメモしておきます。

1. 絞りブラケット

Lumixには搭載されているのですが、絞り値を自動で切り替えて撮る絞りブラケットは、どうしても欲しい機能です。

Lumix S1シリーズの絞りブラケットに関する説明図

何故他社機は搭載しないのでしょうか。

明るい単焦点レンズを使うと、ついつい絞り開放で撮ってしまうのですが、それですと背景がボケ過ぎるきらいがあります。

そうなると、多少絞りを絞った写真も同時に撮っておきたいのですが、絞り環やダイヤルをカチカチ回すのは面倒でしょうがありません。

露出ブラケットやフォーカスブラケットより余程有効だと思うのですが、何故普及しないのでしょうか。

2. プリキャプチャ機能

マイクロ4/3機で普及しているプリキャプチャ機能ですが、ついにフルサイズ機のNikon Z 9にも搭載されました。

Nikon Z 9のプリキャプチャ機能説明図

決定的瞬間と言いながらも、所詮ここぞと思ってシャッターボタンを押した所で、コンマ数秒は遅れて写っています。

ちなみにクルマの場合でしたら、危険を察知してからブレーキが効き始めるまで平均で0.6秒を要するとの事です。

事前にプリキャプチャ機能をONにしておかなければいけないとか、電池を余計に消耗するとか、電子シャッターになるとか、少なからず短所はあるのですが、無駄に高速連写するより余程有効です。

3. 電動ズームと電動フォーカス

レンズで欲しいのは、動画撮影用に電動ズームと電動フォーカス機能です。

下にあります様に、ソニーのEマウントレンズにはかなり以前から電動ズームレンズがいくつか用意されているのですが、他社機ではまだまだです。

また今どきのレンズのフォーカス駆動は電動なので、ピントリングもボタンで操作できる様にすれば、動画撮影で重宝するのは間違いありません。

更にボタンの押し圧で、ズームのスピードやフォーカススピードが調整できれば言う事ありません。

どこかのメーカーで聞き入れてくれないものでしょうか。

4. 動画のデジタルズーム

不思議でしょうがないのは、なぜ動画でデジタルズームを使える様にしないのでしょう。

画素数の少ない動画であれば、クロップ(デジタルズーム)しても画質は低下しない

そうすれば単焦点レンズでありながら、画質を全く落とすことなく、ズームレンズとして使う事ができます。

もしかしたら、そんな機能を搭載したらズームレンズが売れなくなるからと、搭載を渋っていのでしょうか。

それとも素人が思うほど、シームレスに画素混合する事は、そんなに簡単な事ではないのでしょうか。

5. ストロボ用コマンダー内蔵

これも望んでいる方は、意外に多いのではないでしょうか。

電波式のストロボ用コマンダーを、カメラに内蔵してしまうのです。

EOS R3ではコマンダーの電源をカメラ本体から供給できる様にしたため、コマンダーを大幅に小型化する事ができましたが、ここまでやるのなら何故カメラにコマンダー機能を内蔵しなかったのでしょう。

EOS R3に装着したスピードライトトランスミッター(ST-E10)

そうすれば邪魔なコマンダーをカメラの上部に乗せる必要もなく、いつでも離れたストロボを自由自在に操れます。

またその気になれば、アクセサリーシューにあるストロボ用の接点を削除できます。

6. 自動水平保持機能

静止画でも動画でも、自動的に水平を維持してくれる機能は欲しくないでしょうか。

ペンタックスK5の自動水平補正機能

既に一部のカメラには搭載されているので、普及するのも時間の問題なのかもしれませんが、水平が傾いた写真を編集ソフトで1枚1枚修正するのにはほとほと疲れました。

7. 蛇腹フード

その昔、中判カメラには必ずオプション設定されていた蛇腹フードはどこにいったのでしょう。

Hasselblad 500 c/m 80mm Plannar + Proshade

全くと言って良いほど役に立たないズームレンズ用のフードの代わりに蛇腹フードを付けたいのですが、フィルター枠に付けるのはどうしても強度的に不安があります。

RF24-105mm F4 L IS USMに装着した蛇腹フード

このため、強度のある外側の鏡筒に取り付けられる蛇腹フードを作ってくれないものでしょうか。

8. 露出設定リセット機能

何方も経験があると思うのですが、電源ON直後に撮った写真が、いきなり露出オーバーだったり、無駄にシャッタスピードが速かったり、ISO感度が異常に上がっていたりする事があります。

これは前回電源をOFFしたときの露出設定を記憶しているためで、便利な反面、撮影シーンが変わったときには不便です。

このためリセットボタンを1回押す、あるいは電電をOFF/ONすれば、露出設定をその場で最適な設定から始められる様にしたくなります。

キヤノン機のFvモードでそれに近い事ができるのですが、他社機においてもその様な機能を設けて欲しいものです。

9. マイク穴の風よけ

なぜこうもカメラのマイク穴はこんなにも無防備なのでしょうか。

素のままでしたら、風が強い日に動画撮影をすると、バリバリと盛大な風切り音が入ってしまいます。

風に対して全く無防備なマイク穴

これを防止するため、マイク穴に小さなスポンジを貼付するだけで、かなり風切り音を防げます。

にも関わらず、何故それをやらないのでしょうか。

10. 人物全員合焦機能

こんな事はないでしょうか。

人物を浮き上がらすために、絞りを開け気味にして複数の人物を撮影したら、片方の人物がボケていた。

奥行のある複数の人物を撮ると、一方の人物がボケてしまう。

このため止む無く、絞りを無駄に絞って被写界深度を深くして撮る事になります。

ですが、複数の人物の最短と最遠の距離を測定し、ピント位置をその中間にし、更にその範囲が被写界深度にギリギリ入る絞り値にしてやれば、正に理想の写真が撮れます。

とは言っても、現場でそんな悠長な事はやってられません。

そんな訳で、それを自動でやってくれるカメラはできないものでしょうか。

11. ストロボのチャージ音の復活

その昔、ストロボを使っていた方でしたら良くご存知でしょう。

ストロボが発光した直後、コンデンサーを再充電するためにキュイーンというチャージ音(コイルの発信音)がしていた事を。

チャージ音が懐かし70年代のストロボ

ところが最近のストロボは、発振周波数を制御しているのか、このチャージ音が全くしなくなってしまいました。

で、このチャージ音なのですが、撮影時に非常に役立つのです。

というのは、このチャージ音の大きさと長さによって、前回の発光量の強さが分かり、さらにこチャージ音が徐々に小さくなる事でチャージが完了したかどうかや、電池の消耗度が判断できたからです。

何とかこのチャージ音を、復活させて貰えないものでしょうか。

12. 安いチルトシフトレンズ

続いては、またまたレンズの話です。

余り興味はないでしょうが、一度チルトシフトレンズを使ってみたいと思いませんでしょうか。


TS-E17mm
F4L

TS-E24mm
F3.5L II

TS-E50mm
F2.8Lマクロ

TS-E90mm
F2.8Lマクロ

TS-E135mm
F4L マクロ

そう思って調べてみると、F値はF4~F2.8と暗いにも関わらず、思った以上に高価です。

その理由は、確かにレンズをチルトしたりシフトする機構が付いているせいもあるのですが、最大の理由はイメージサークルがフルサイズより遥かに大きい光学系を採用しているからなのです。

ではイメージサークルがどれくらい大きいかと言えば、中判サイズのカメラにも使えるほど大きいのです。

そうなると思われないでしょうか。

ならばチルトやシフトするときはAPS-Cサイズで良いから、イメージサークルはフルサイズ程度で、もっと安いチルトシフトレンズを作ってほしいと。

誰も聞いてはくれないでしょうが、ダメ元で書いておきます。

13. 録画開始音

恐らく何方でも、何度経験された事でしょう。

録画そしていたつもりだったのに、録画していなかったという事を。

最近は、録画開始と共にモニターに赤い外枠が表示される様になったのですが、それでも疲れていたり、周囲が明るかったりすると、見落としてしまったりもします。

キヤノンのPowerShotのG7 X MarkIIIに追加された録画中の赤枠表示

そこでお願いしたいのが、録画開始と終了時に音を鳴らしてほしいのです。

スマホでしたら、既にそんな仕様になっているのに、なぜカメラには備わっていないのでしょうか。

電動フォーカス機能

2022/06/11

静止画でしたら全く必要ないのですが、電動フォーカス機能を搭載して貰えないでしょうか。

これがあれば、動画撮影中にピントが合っている状態から徐々にぼかす、或いはその逆が簡単にできます。

もっと我儘を言わせて頂ければ、アウトオブフォーカスなるボタンを追加して頂いて、おすとピンボケになり、離すと合焦するとなれば言う事ありません。

そうすればワンマンオペレーションながら、お洒落な動画が量産できます。

 

TBC