日中シンクロにおけるレンズシャッターの優位性

2021/09/15(水)

大変申し訳ございません。

日中シンクロの話は前回で終わりにする予定だったのですが、ある思惑があって再度続けさせて貰う事にしました。

では何の話かと言えば、レンズシャッターです。

レンズシャッターの場合、フォーカルプレーンシャッターと違って、全速度でストロボが同調します。

1/160秒 F10 ISO100(EV14)

このため上の写真の場合、シャッタースピードを一般的なレンズシャッターの最高速である1/2000秒まで上げるとしたら、絞りはF2.9まで開ける事ができます。

となると、被写体までの距離が2mであれば、ガイドナンバーは2.9×2でたったの5.8で済むのです。

これはかなりビックリの話ではないでしょうか。

コンパクトカメラ(写真はPowerShot G1 X Mark III)の超小型ストロボでも日中シンクロはできる

知らない人が余りにも多いのですが、コンパクトカメラのストロボはガイドナンバー6前後の超小型でありながら、日中シンクロにも十分使えるのです。

コンパクトカメラ(G1 X Mark III)での日中シンクロ(F4.0 1/1000秒 ISO160 EV13.3)

これこそ、日中シンクロ最強の組み合わせと言えるのでないでしょうか。

そうは言っても、今時レンズシャッターを搭載しているのは、レンズ一体型のコンパクトカメラだけなので、レンズ交換式のカメラでは全く使えません。

ところが、レンズ交換式のカメラであっても、間もなくそれを使える可能性が出て来たのです。

という話を次回したいと思うのですが、何の事だか分かりますでしょうか?