Z 9の撮像素子はライバルを超えるのか?

2021/10/21

Nikon Z 9の正式発表が近付いてきました。

正式発表間近のNikon Z 9

幣サイトが最も気になるのは、果たしてZ 9のタワーセミコンダクター製の撮像素子が、ソニーのα1やキヤノンのEOS R5の撮像素子を超えるかどうかです。

仮にですが、下の表にあります様に、Z 9の電子シャッターの幕速度が1/250秒を達成し、更に常用ISO感度が51200を達成したとしたら、一気に世界最高のプロ用カメラになります。

項目\機種 SONY α1 Nikon Z 9 EOS R5 EOS R3
撮像素子 5010万画素
裏面照射積層型
4500万画素
裏面照射積層型
4500万画素
表面照射型
2400万画素
裏面照射積層型
電子シャター幕速度 1/200秒 1/250秒 1/60秒 1/180秒
動画モード 8K30P 8K30P 8K30P 6K30P
最大常用ISO感度 32000 51200 25600 102400
連写速度
(メカ)
30コマ/秒
(10コマ/秒)
30コマ/秒
(16コマ/秒)
20コマ/秒
(16コマ/秒)
30コマ/秒
(12コマ秒)
動画サイズ
(画素数)
8K UHD
(7680×4320)
8K DCI(8192×4320)
8K UHD(7680×4320)
6K DCI
(6000 x 3164)
撮影時間 30分 実質無制限 20分 実質無制限
価格 80万円 ?万円 45万円 70万円

更に、これでもし中央部分の測距点だけでもクロス測距が可能だとしたら、次のEOS R-1が出るまでは、孤高の存在になりそうです。

いくら何でもそこまではないだろうと思う反面、もしかしたらと思わないではいられません。

 

1件のコメント

目下、R5を検討してます。 野鳥撮影を前提に情報を収集しています。
鳥瞳のフォーカスは、一定の条件では良いのですが、樹木の中では迷うようです・
R6は、高感度に強いようですがとにかく小さな野鳥を撮影する際クロップ後の
画素数に不安があります。
現状のニコン機はキヤノン、ソニーの比べて鳥瞳AFは全く及びません。
Nikonには一眼用でも魅力のある野鳥撮影のレンズがあり、Z9の鳥瞳のAFにも
関心があります。
尤も、EOSRの後継機に手振れ補正が付きR6より安いのが理想ですが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です